10月15日(日)




パシーさんに車で送迎してもらって
2週間ほど実家で過ごしてきてました




長距離移動することは
先生や保健師さんに確認済みでーす。






希毬のことが心配で
里帰り出産をしなかったので

こだまが実家に来るのは
この時が初めてだったのですが


こんなものが仏壇に飾られてました


実際は本名が書いてあります(当たり前)



「パシーくんがなにもしてくれなかったら
離婚して帰ってきてもいいよ!
孫も犬もお父さんが面倒見てあげるから!」

と、出産直前に言ってただけあって
こだまに対しての気合いが違う。






初対面は正座でご挨拶してました




ワタクシも産んだ翌日
こだまと再会した時に

「はじめまして」と挨拶したお…


やはり親子…






じいちゃんとばあちゃんも
こだまに会いに来てくれました




いとこも3月に子供が産まれるので
こだまに興味津々。






ばあちゃんに抱っこしてもらったよ




ばばあどころじゃなく大ばばあよ。







このほかにも
ご近所さんが何人か見に来てくれたり

まだ持てないのに
じいじにおもちゃを買ってもらったり




今回の帰省はほとんどこだまが主役。






しかし希毬も
大好きなパパンに遊んでもらったり

たっぷり甘えたり








走る車や通る人を窓から眺めながら
日向ぼっこを楽しんだり








ワタクシなんていなくてもいいくらいに
とっても満喫してました





最初はパシーさんが
「希毬は俺が面倒みる」とか言ってたけど

一緒に実家に残ってよかったな。






つづく






☆読んでくれてありがとう☆
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村



関連記事



最新記事